何クマなのかチェックしよう

クマあるけど、自分のクマがどのクマなのか分からないという人は多いと思います。

 

クマの種類を確認するためのチェック方法をご案内します。

 

まず、手鏡を見ながら目元を軽く引っ張ってみて下さい。

 

その時に、クマが薄くなるけど完全に消えない場合は、青クマです。

 

そして、手鏡を手に持って上を見た時に、クマが薄くなっている場合は、黒クマです。

 

目元を引っ張っても、上を向いてもクマが消えない場合は、茶クマです。

 

しかし、人によっては、青クマと黒クマが混在している人や、全部のクマが当てはまるという人も中にはいます。

 

特に、加齢により色素沈着が起きている茶クマの人は、体が疲れやすく血流が悪くなっているケースが多いので、原因が複合的になっている場合が多く見られるのです。

 

クマが出てくるということは、加齢のサインでもあります。

 

特に、眼窩脂肪により目の周りの皮膚が下がってくると、目の下の皮膚が余計に薄くなりクマが悪化してきます。

 

アイクリームには、保湿成分がたっぷり配合されていますので、肌に必要なコラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンを増やし、潤いとハリのある目元へと改善しクマも改善していくことができるのです。

 

洗顔後に付ける化粧水や乳液だけではクマを改善するのは非常に難しいと理解しておきましょう。