ヘパリン類似物質で血行促進

細胞間脂質には、角質細胞と角質細胞の間に油分層と水分層が規則正しく層になっています。

 

これは、ラメラ構造と言われています。

 

この層が空気の乾燥、加齢、ストレス、アトピーなどによって、バランスが崩れるとラメラ構造が崩れてしまいます。

 

皮膚の水分が減少すると、外的刺激に弱くなり茶クマができやすくなります。

 

ヘパリン類似性物質は、角質層の水分を増やそうとする作用があります。

 

ラメラ構造を改善する働きにより、水分の蒸発を防ぎます。

 

更に、ヘパリン類似物質には血行促進作用もあります。

 

血行が促進されることにより、クマが改善されていきます。

 

皮膚に栄養が届きやすくもなるので、皮膚の状態もされていきます。

 

クマを改善するためにヘパリン類似物質が配合された商品を使う場合は、顔用クリームがおすすめです。

 

ヘパリン類似物質配合のクリームは、皮膚科で処方されることが多いですが、Amazonなどで800円くらいで販売されています。

 

伸びが良いテクスチャーなので、少量でもしっかり皮膚を保湿することができます。

 

浸透性に優れ、副作用の心配もないので、皮膚が弱い人でも安心して使えます。

 

ヘパリン類似物質配合のクリームは、アイクリームではありませんが肌の状態を落ち着かせるまでのクリームとしてかなり有効です。