美容クリニックでクマを改善してもアイクリームは必要

美容クリニックによる目のクマの治療の一つにレーザーがあります。

 

これは、青クマの人に有効な治療方法です。

 

クマにレーザーを照射することで、皮膚内のコラーゲン生成が促され、肌の新陳代謝が正常化されると、目元の血管の色が目だ宅なってきます。

 

1回の治療では、改善されませんので、1ヶ月に1回ペースで5〜6回通うのが目安となっています。

 

 

眼窩脂肪が原因の場合は、手術で除去するか、ヒアルロン酸を注入し目の下のたるみを整えるという方法です。

 

しかし、美容クリニックでクマを改善しても、生活習慣を変えることができなければ、再びクマは現れてしまうでしょう。

 

美容クリニックでクマを改善したとしても、普段からアイクリームを使った目元ケアは必須です。

 

アイクリームは、高価なものが多いですが、続けられなければ意味がありません。

 

ドラッグストアで売っているプチプラ系アイクリームでも十分に効果はあります。

 

目元のコラーゲンを増やしたい場合は、ビタミンC誘導体が配合されているアイクリームがおすすめです。

 

ビタミンC誘導体は、毛穴の引き締め効果や、色素沈着の改善にも効果があります。

 

また、アイクリームの他に皮膚の健康を保つビタミンB群や亜鉛などのサプリを摂取するのもクマ改善に有効です。