アイクリームを使う前に目を温める

目のクマは、できてからケアするよりも若いうちからケアしてあげるのが一番です。

 

パソコンやスマホの画面を長時間見ることで起こる眼精疲労は、冷たいタオルで目を冷やすと気持ちがいいものです。

 

しかし、目を冷やすと余計に目の周りの血流が悪化してしまいます。

 

目の疲れを取りたい場合は、水で絞ったタオルをレンジで温めたもので、目を覆って温めるのが良い方法です。

 

温めることによって毛穴も開くので、アイクリームの入りも良くなります。

 

温めたタオル以外にも、小豆が入った目元専用枕をレンジで温めたもので、血流を促進することができます。

 

但し、目元を温めてもクマを根本的に改善することにはなりません。

 

目のクマは、一時的には良くなりますが、血流を促進するためには、睡眠の質を改善することと、適度な運動が重要となります。

 

血行不良によるクマをアイクリームで改善する場合は、ビタミンEやプラセンタなどが配合されているクリームが有効です。

 

また、アイクリームは油分が多く、重たいテクスチャーの物が一般的です。

 

重たく固めのアイクリームだと、塗る際に目に負担をかけて恐れがあります。

 

アイクリームに慣れていない人は、水分が多いタイプから始めてみることをおすすめします。