くまの種類と原因をアイクリームでケアする

●くまの種類を理解する

くまには、青くま、黒くま、茶くまの3種類があります。くまの種類と原因を理解しなければ、高価なアイクリームを使っても効率よくくまを改善することはできません。
(「アイクリーム くま」で検索すると、いろんなアイクリームが出てくるので注意してくださいね)

 

コンシーラーを使ってもくまが消えないという人は、くまの種類と原因をしってアイクリームで改善することをおすすめします。

 

●黒くまの原因

目の周りにある眼輪筋が衰えていると、血行が悪くなるためくまができやすくなります。

 

約0.6mmと薄くデリケートな目の周りの皮膚は、血行不良の状態になると、滞った血液が皮膚から透けて見えるのです。

 

更に、眼輪筋が衰えてくると目の下の皮膚が下垂し、膨らみができます。

 

眼輪筋は、瞬きをする際に使う筋肉なので、長時間パソコンで作業をしたり、スマホや読書などで目を酷使すると眼輪筋が衰えてくまができやすくなるのです。

 

しかし、眼輪筋を鍛えたり、アイクリームを使って目の下をケアしてあげることで、くまを解消することができます。

 

眼輪筋の衰えが原因のくまは、黒くまを呼ばれています。

 

眼精疲労は、肩こり、頭痛の原因だけでなく、自立神経の乱れも招いてしまいます。

 

●青くまの原因

仕事が不規則で睡眠不足が続いていたり、加齢により眠りが浅くなり起きてもスッキリしないなど、睡眠の質が低下していたり、疲労が蓄積することで青くまが現れます。

 

くまが青く見えるのは、血行が悪くなっているからです。

 

アイクリームで、目の周りをマッサージして血行を促すことも大切ですが、質の良い睡眠を確保することも大切です。

 

●茶くまの原因

茶くまの原因は、色素沈着です。

 

皮膚の薄いくまを擦ってしまうと、色素沈着を起こしたり、小さなイボができてしまいます。

 

元々皮膚が弱い人で、花粉症やアレルギー症状により目を擦る癖がある人は気を付ける必要があります。

 

また、紫外線ケアを怠っていることでも茶くまはできます。

 

●アイクリームの使い方

皮膚が強い人でも、空気が乾燥する季節に目元をケアしないでいると、目元のこじわができやすくなります。

 

アイクリームを塗る時、有効成分を浸透させたくて、指でぐりぐり塗ってしまいがちですが、それだと皮膚に負担がかかるので逆効果となります。

 

そして、アイクリームを塗る時は、皮膚が硬くなっている人差し指を使うのではなく、力の入りにくい薬指を使います。

 

アイクリームは、指で伸ばすのではなく、トントンと優しく叩くように塗りましょう。

 

塗る量は、1度にたっぷりではなく、少量を重ね付けする要領で使用します。